06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この半年(1/3)

 気付いてみれば、正月からブログを更新せずにいた。
 きっと、たまには訪れる方もおられるてだあろうし、いつまでも、雪の結晶がbackで、広告がトップなのも恥ずかしい。
 いまどき、携帯からも簡単に更新できるのだろうけど、その方法は学んでいない。
 便りのないのは元気だからってこともなく、事件はあった。
 今日は、久しぶりにのんびりした土曜日なので‥‥

 この3月だったか4月だったか、パールが右前足を使わず、3本足で歩き出すようになった。その様子は単に右前足を庇うようにしているだけで、元気ではあった。
 特に、ちっぷ、あずきと取っ組み合いをしたようでもなく、散歩で駆け回ったわけでもなく、釘など踏んだようでもなく、いつもと普通の生活をしていたのだか‥‥
 
 パールは我が家に来る以前、右前足と左後足と2回骨折したことがあったらしい。
 当時の飼い主さんが、誤って踏んじゃった、また、抱き上げた腕から落としちゃったと聞いていた。
 その骨折も含め、散々な辛い人生(犬生)を送ってきたワンコだ。
 そのときのレントゲン写真は譲り受けていた。

 ひょっとすると、その古傷が痛み出したのかと、その日のうちに、いつものかかりつけの動物病院に連れて行った。
 
 獣医さんより、一通りの診察をし、「以前の骨折時のレントゲン写真を見たい」とのことで持って行ったところ、「以前の骨折時に支えとして骨に沿って入れていた金属棒(ピン)の先端が肉を刺激して痛がっているのではないか」とのことであった。
 治療としては、その金属棒を除去するしかなく、いわゆる全身麻酔の手術になるとのこと。
 ただ、その獣医さんはその手の手術は得意としておらず、そのような患者(患犬)があった場合には、専門の獣医に応援に来てもらうとのことであった。
 幸いなことに、当日、別のワンコの手術が予定されていたので、その応援医に、そのワンコの手術の後にパールの手術を頼んでみようとのことであった。

 一旦は自宅に戻り連絡を待ってほしいとのことであった。(続く)



 
スポンサーサイト

theme : ☆☆といぷーどる☆☆
genre : ペット

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

あゆちち★あゆはは

  • Author:あゆちち★あゆはは
  • ちっぷ★2005.3.2栃木生まれ♂
    2005.4.29?茨城県某所に強制的転居
    性格:強引的な甘えんぼ・人好き・いたずら
    体格:現在5.4kg
    できる技:おすわり、おて、おかわり、まて、ふせ、まわれ、タッチ、どっち、ダンス

ちっぷは何歳?

あずきは何歳?

パールは何歳?

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。